読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃界人.com

餃子好きがちょっとキニナル餃界情報をお届けするWebマガジン

マツコの知らない世界で紹介した餃子激戦区の餃子3選+自宅でできる激ウマ餃子


東京餃子通信の塚田です。
2015年1月6日に放送されたマツコの知らない世界で紹介した餃子激戦区「宇都宮」「浜松」「横浜中華街」の行列必至の超人気餃子店とそこでのオススメ餃子メニューをご紹介します。また、同じく番組で披露した塚田家の自宅餃子のレシピもご紹介します。

和の中(宇都宮)

餃子激戦区といへば真っ先に思いつくのが宇都宮。宇都宮には宇都宮餃子会に加盟しているお店だけでも70店舗以上。餃子を出す店は200店舗を超えていると言われています。

そんな中でイチオシの餃子は「和の中」の薬膳餃子。内モンゴル出身のオーナーシェフが素材にこだわりぬいた茹で餃子は生薬がたっぷり効いていて、体にとてもやさしい餃子です。



焼き餃子もオススメ。モチっととした皮の食感がハマってしまいます。


東京餃子通信での紹介記事はこちら
 ↓
久しぶりに和の中で薬膳餃子を堪能



浜太郎(浜松)

2014年餃子消費量日本一に輝いた浜松市。そんな浜松の餃子を支えている餃子製造機メーカーの直営店舗が「浜太郎」です。

浜太郎では、徹底的に油切りをしてカリッととした食感を出すのにとてもこだわっています。

焼き餃子はジューシーな赤餃子とキャベツたっぷりの白餃子から選べます。
どちらもオススメなので食べくらべてください。



2012年浜松餃子祭りのグランプリ餃子を獲得したプリプリ桜えび餃子も外せません。
由比漁港であがった桜えびをつかった、香りの良い餃子です。


東京餃子通信での紹介記事はこちら
 ↓
「浜太郎」で餃子革命を見学



DALIAN餃子基地(横浜中華街)

横浜中華街と言えば、中国が本場の水餃子の美味しい店が多数ありますが、焼き餃子の美味しい店を見つけるのが意外と難しかったりします。

中華街で焼き餃子を食べたいときにオススメなのがDALIAN餃子基地。中華大通りに面した、モダンな雰囲気の店構えですが、リーズナブルな価格で餃子類を食べることが出来ます。

オススメは美しい網目状の羽根がついた焼き餃子。しそパクチー入りの餃子も選べます。


手延の皮なので、モチモチしていて水餃子にしても美味しく食べられます。


東京餃子通信での紹介記事はこちら
 ↓
LINEグルメ予約で横浜中華街のDALIAN餃子基地を予約してみた

おまけ:塚田家の自宅餃子

番組の中で紹介した塚田家のレシピもご紹介しておきます。
ポイントは、白菜の浅漬を使うのと、餡の味付けの調味料。そして焼き方です。
それぞれちょっとしたコツを掴めば、自宅の餃子が生まれ変わったように美味しくなるので是非お試しください。

マツコの知らない世界で作った餃子のレシピをご紹介(包み、焼き編)